2014/03/10

消費税・石油石炭税の増税に伴うガス料金改定について

 平成26年4月1日より、消費税が5%から8%に引き上げられ、また、化石燃料に課税される石油石炭税につきましても同日付で税率が引き上げとなります。

 これに伴い、ガス料金の基本料金および基準単位料金につきまして、現行料金に増税分を転嫁した価格に改定させて頂きますのでお知らせいたします。

 消費税率の引き上げによる改定料金は平成26年4月1日からの適用となりますが、消費税法の経過措置の対象となるガス料金※につきましては、消費税率引き上げ前となる現行料金を適用いたします。

 ※平成26年3月31日以前から平成26年4月1日以降も継続してガスをご使用いただき、平成26年4月1日以降、平成26年4月30日までの間に初めて確定するガス料金は、消費税法の経過措置対象となります。

 また、石油石炭税率の引き上げによる料金の改定は、4月1日時点の在庫を考慮したのちに行いますので、消費税率のみ反映した暫定料金表を経過的に運用させていただいた後、改定した新料金へ移行させていただきます。

 詳しくは、お手元に届くチラシをご覧になるか当社までご連絡下さいますようお願いいたします。