2013/02/05

停電対策!第2弾 「電源自立型GHP」勉強会

昨日2月4日に、社内において発電機付GHP(ガスヒートポンプ式空調機)の勉強会を行いました。

先月のヤンマーさんに続いて、今回はパナソニックさんのお越しいただいて、1時間強ほど同社の製品や震災後の電力事情について説明を受けました。

~ 前回に続いて熱心な勉強会が続きます ~

発電機付の製品は、機種によって商用電力の消費量が「1/10」から「0」まであり、節電およびピークカットによる契約電力量の低減にも貢献するというもの。

ヤンマーさんのマイクロコージェネ同様に、震災後は出荷台数が飛躍的に伸びているとのことで、プロジェクターで映し出された棒グラフがタケノコのようにぐんと伸びていました!うらやましい!

~ 社長(中央奥)も含め、みんな真剣です ~

これもヤンマーさん同様ですが、パナソニックさんの発電機付GHPにも電源自立型があり、停電時にも空調や照明が使えます

また、このタイプは大阪ガスさんと東京ガスさんが共同で開発したというだけあって、仮に都市ガスが途絶してしまっても(想像したくありませんが)、外部切替でプロパンガスが使えるそうです!すごいぞ!

~ メンテ費用について熱い質問を投げる営業課Y主任(勉強会企画担当) ~

さらによかったのが、パナソニックさんの機器リニューアルに対する考え方。

通常、空調機器の更新となると室内機と室外機をセットで入れ替えるところを、パナソニックさんの場合、どちらか一方の更新でもOKとのこと。

パナソニックさんは室内機も室外機も両方開発しているから、そのへんの連携ができるらしいです!なんかすでにお得感ありますね!


今回の電源自立型GHP「エクセルプラス」については、パナソニックさんのこちら http://www2.panasonic.biz/es/air/ghp/excelplus/ をご覧下さい!


いやー、ヤンマーさんに続いて、パナソニックさん、ありがとうございました!