2013/01/30

停電対策!第1弾 「停電対応マイクロコージェネ」勉強会

1月22日(火)に弊社にてマイクロコージェネレーションの勉強会を行いました。

今回は、関係先12社から16名の方々にご参加いただき、ヤンマーエネルギーシステム(株)様にご協力を得ました。

まずは、会議室で1時間ほどパワーポイントを使って、このマイクロコージェネレーションの構造や特徴、導入事例などの説明を受けました。

主に以下のような内容でした。

  • 発電した電力を商用電力に混ぜて利用できる。
  • 発生した排熱を温水として取り出せ、給湯などで利用できる。
  • 小型(=マイクロ)機の並列設置により、高い稼働率と故障時リスクの低減を見込む。
  • 停電対応機は停電時に自立運転して電力を供給できる。

3.11震災後は、特に病院や自治体に対して非常用電源としての納入実績がかなり伸びているとのことでした。


そのあと、事務所を出て、屋外で実機デモを見学しました。

この日のために駐車場には仮設電源が引かれ、朝から構内にクレーンがやってきて大型トラックから9.9kWの停電対応デモ機を降ろしていました。

デモ機(CP10VB1Z)は専属スタッフ2名の方とともにはるばる佐賀県からやってきたとのことでした。ありがとうございました。


「停電時もおまかせ」とうたってありますので、一通りの説明のあと、さっそく停電のシュミレーションです。

外部電源でついていた蛍光灯やテレビが消えました。それに合わせて参加者もみんな黙りこんでデモ機を注視します。



全員が沈黙する息が詰まるような7秒ほどが過ぎて、マイクロコージェネレーションが静かに動き出しました。

いや、そのまま静かに動き続けます。

ほんと静かです。うちの掃除機より断然静かです。たぶん事務所の中においても、隣で入力業務ができます。言うまでもありませんが、電気機器は正常に作動しています。


以上、詳細なスペック等は、ヤンマーエネルギーシステム様のこちら
をご覧下さい。


ご参加くださった関係各社様、ご協力いただいたヤンマーエネルギーシステム様、本当にありがとうございました。